ザ・ペニンシュラバンコク 観光案内

喧騒と静寂、伝統と革新が見事に融合し、他の都市にはない独特の魅力を持つバンコクは、壮大なチャオプラヤー川を中心に、豊かな歴史と文化に彩られています。

ザ・ペニンシュラバンコクが、有名観光スポットより選りすぐった場所やガイドブックにも載っていない場所、歴史や文化に触れていただける場所、ニューオープンのお店、地元の人々の行きつけの飲食店などをご紹介いたします。

 

コンシェルジュのおすすめ

00 / 00

リュクス・シティ・ガイド ペン・シティ

ザ・ペニンシュラホテルズは、各ホテルを訪れるお客様にそれぞれの都市ならではの最新情報をお届けするために、『リュクス・シティ・ガイド』と専属パートナーシップを提携し、“ペン・シティ”を発行しております。 各都市の最新情報をはじめ、季節の催しやイベント、歴史的な場所などの情報が週ごとに更新され、贅沢なライフスタイルや旅のトレンド情報も掲載しています。 ぜひお楽しみください。

  • バンコク TCDC主催「ハローワールド!」展(Hello World!)
    読む
  • バンコク 661シーロム(661 Silom)
    読む
  • バンコク 'バンコク・ファーマーズマーケット(Bangkok Farmers Market)
    読む
  • バンコク 'ザ・ガーデン・オブ・ディンソーパラス(The Gardens of Dinsor Palace)
    読む
  • バンコク バンコクから日帰りで行ける
    読む
  • バンコク センスの良いヴィンテージ風ファッション小物
    読む

スタッフのお気に入り

旅行で訪れる都市の観光スポットは地元の人がすすめる場所に勝るものはありません。ザ・ペニンシュラバンコクのスタッフたちが自身のお気に入りの場所をご紹介いたします。

  • ラドワン・ピーライネン (Ladwan Piirainen) ― チーフコンシェルジュ

    近くにある煌びやかな王宮とは対照的に白い外壁が美しい寺院です。 旧市街に残る数少ない寺院の一つで、観光客よりも地元の参拝客が多いため、タイ人の信仰や精神世界を垣間見ることのできる場のひとつです。 また、ワット・マハータート (Wat Mahathat)は、「マハーニカイ派」の仏教大学の本部が置かれ、200名の僧侶が生活をしており、瞑想の講座を定期的に開催していることでも知られています。

  • ヴィパナント・クソルマノマイ (Vipanant Kusolmanomai) ― ゲストリレーションズ マネージャー

    国立博物館 (National Museum)はラーマ5世の時代には宮殿だった建物で、先史時代から現王朝に至るまでの貴重な史料や美工芸品などが展示され、スコータイ王朝のラームカムヘーン大王が作ったと言われる石碑も所蔵されています。 国立博物館ボランティアグループによる無料のツアーが開催されております。(日本語、英語、フランス語、ドイツ語)

  • マルコ・シュヒター (Marco Schuchter) ―料飲部 アシスタントマネジャー

    市内に数あるマーケットは、ローカルなものから洗練されたものまでを販売し、バンコクの街同様に多様性に富んでいます。 タリンチャン水上マーケット (Taling Chan Floating Market)では野菜や果物をはじめ、魚介類、植物や雑貨などが売られています。ボートに乗船すれば、活気ある運河沿いにある集落や個人宅の庭などを臨むことができます。 週末の8:30頃から16:00まで開催され、11:00と14:00にはタイ伝統音楽のパフォーマンスが開催されます。

このページの先頭へ