デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
モーメントに戻る

魅惑のタイ、ペニンシュラの魅力

2015年3月30日
タイは微笑みの国として知られています。世界各地のザ・ペニンシュラホテルズにお越しくださるお客様にお喜びいただけるよう、タイの伝統のすばらしさをお伝えするキャンペーンを実施いたします。 “3か月にわたって展開される「テイストフリー・タイ」は、タイが誇る最高の料理、文化、芸術、ウェルネスをアピールしタイ国政府観光庁が実施する世界的な観光促進キャンペーンをサポートすること、そして観光またはビジネスでタイを訪れる旅行者に、ザ・ペニンシュラバンコクならではの魅力を体験していただくことを目的にしております。

タイの第一印象といえば、その薫り高い料理を思い浮かべる方が多くいらっしゃるはずです。ザ・ペニンシュラホテルズを代表するタイ人シェフが世界各地のザ・ペニンシュラホテルズをまわりその腕前を披露します。 ザ・ペニンシュラバンコクのタイ料理のシェフ、Chamnan Thepchanahasと、ザ・ペニンシュラシカゴの副料理長Anuwat “Nu” Morakotjantachoteがそれぞれのザ・ペニンシュラホテルズを1週間訪れて、伝統的なタイ料理に現代的な解釈を加えた斬新なタイ料理を振る舞います。

それぞれのホテルにお越しいただいたお客様には、タイ王室の料理人の間で数世紀にわたって代々受け継がれているタイ料理のレシピを、ヌーシェフとチャムナンシェフによる料理でお楽しみいただけます。 メニューのハイライトのひとつめは、ゲーンキョワーンガイ(新鮮な鶏肉入りグリーンカレー)です。このカレーには、ミシュランの星を獲得したシェフのお気に入りの材料、フランス産の「ブレス」鶏を使用しています。そしてもうひとつは、トムヤムクン(シーフードとレモングラス入りの酸味が効いた辛くて酸っぱいスープ)です。タイを代表するこの有名なスープには貴重なブルゴーニュ産ロブスターを使っています。
ペニンシュラの伝統的なアフタヌーンティーにも、タイの食文化の影響を取り入れて、東南アジア風にアレンジされています。 各ホテルでは、シルバーの三段トレイに甘いタイスイーツやおいしいスナックを美しく盛りつけたタイ風のアフタヌーンティーを、伝統的なタイアイスティーと共にお楽しみいただけます。 夕方お部屋にお戻りになられた時には、ターンダウンサービスの際にお持ちした、マンゴーともち米のデザートやマンゴーのマカロンなど、タイのトロピカルフルーツをご堪能ください。

エキゾチックな料理、優しい笑顔、美しいビーチ、古代の寺院、カリスマ的なトゥクトゥクドライバー以外にも、タイは東洋のウェルネスを体験できる癒やしの地として認識されています。 各地のザ・ペニンシュラ スパでは、シンプリーペニンシュラ ワット・ポー タイ王宮マッサージ(80分)、およびシンプリーペニンシュラ ワット・ポー タイ王宮マッサージとハーブボール(110分)で心身共にリラックスできるスパメニューをご用意しております。

ザ・ペニンシュラ スパだけの新しいマッサージトリートメントは、バンコクにあるワットポートラディショナルメディカル&マッサージスクールとの提携により実現しました。これらのマッサージは、肉体的および精神的な健やかさに関する古代タイの哲学に基づいて、心身を健康にするマッサージ技法が用いられています。 また、ザ・ペニンシュラホテルズとワットポー寺院は、ザ・ペニンシュラ スパのセラピストが時代を超えたタイマッサージの技術を習得できる研修プログラムも開発いたしました。


タイならではの魅力のひとつは、タイ固有のさまざまな野生生物です。なかでも象がもっとも象徴的ですが、赤ちゃん象のカラフルなパレードは老若男女を問わずすべてのお客様を楽しませることでしょう。 エレファントパレードのチャリティには、若手アーティストからベテランの芸術家までが参加しています。各ホテルに飾られている、手で色づけされた赤ちゃん象の置物はひとつひとつが個性的な芸術作品です。 エキシビションの後、作品の一部はオークションにかけられ、その収益はタイの象の保護プロジェクトの活動のために充てられます。 ザ・ペニンシュラバンコクにはエレファントパレードのフラッグシップストアがあります。また、ザ・ペニンシュラホテルズは2015年12月にバンコクで開催される予定のエレファントパレードのパートナーになっています。
このページの先頭へ