デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close

ザ・ペニンシュラバンコク ペニンシュラ・モーメント

ザ・ペニンシュラバンコクの’映像では““天使の都”を意味するバンコクをご紹介します。” ホテル所有のボートから’リバー・オブ・キングとも呼ばれるチャオプラヤー川の河畔を彩る寺院の数々をご覧いただけます’。その後、ペニンシュラ仕様のトゥクトゥクで王宮前へと向かいます。 その後、ホテルに戻り’ティプタラでタイ料理のお食事、最後にジャグジー付きのスイートルームから、1000年もの歴史があるお祭りの幻想的な光景をご覧いただけます。

 

キャンペーンについて

  • 太陽が地平線に沈んでワット・アルンがライトアップされる瞬間をとらえるため、14回もボートを往復させなければなりませんでした。 お客様を載せたチャオプラヤー川を往復する撮影には、ホテル所有の4艘のボートのうちの1艘を使用しています。

     

    •  
      ワット・アルンは大小5つの塔から構成されています。塔の表面は19世紀に回収された何万という小さな磁器の破片で飾られています。
    •  
      ホテル所有の専用シャトルボート1艘の重量は1,000kgで、1,800kgまで運搬可能です。
  • 王宮を背景にトゥクトゥクが走行するシーンでは、他の車両を映さないようにするため、交通が途絶えるまで道路脇に待機していました。 警察が同行しての撮影となり、ちょっとした王族気分を味わいました。

     

    •  
      ペニンシュラグリーンに彩られた特別仕様のトゥクトゥクで異文化体験をお楽しみいただけます。
    •  
      ワット・プラケオは、タイで最も重要な仏像のひとつとされるエメラルド仏を祀っています。 エメラルド仏と呼ばれていますが、実際は翡翠でできています。
  • 撮影準備はお客様がいらっしゃらない夜間から始まります。テーブルの移動など大掛かりなセッティングから始まり、装花の微調整などは撮影直前まで続きます。バンコクの夜は涼しいため、作業をするのはあまり苦ではありません。

     

    •  
      ダイニングテーブルを華やかに彩る蘭を、毎日1,000本使用していますが、イベント開催時にはその倍の本数を使用することもあります。
    •  
      芝生で行うイベントでは、20テーブルを準備するのに10名のスタッフが3時間を費やします。
  • ティプタラのかがり火はエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。 撮影の夜は強風でしたが、火を絶やさないように気を配ることもスタッフの大切な仕事のひとつです。

     

    •  
      樹齢120年のバニヤンの移植は、樹の精霊の怒りをかうかもしれないというアドバイスを受け、中止となりました。
このページの先頭へ